お金のこと楽天経済圏

【楽天モバイル】ってどんなサービス?メリットとデメリットを徹底解説

楽天モバイル メリット デメリット お金のこと

こんにちは、そらえです!

利用料金0円」という驚きのプランで業界参入した楽天モバイル。2022年9月に0円プランこそ廃止しましたが、「定額で高速データ通信無制限」「通話料無料」と他社にはないサービスが魅力的ですね。

固定費削減として格安SIMを検討している人に、一つの判断材料になれば幸いです。

この記事におすすめな人
  • 楽天モバイルについて知りたい
  • 格安SIMに興味がある
  • 携帯代を安くして固定費を抑えたい
  • 楽天市場でよく買い物をする
筆者のプロフィール

●楽天経済圏ユーザー
●ダイヤモンド会員継続中

累計獲得ポイント150万超えの経験を元に「楽天経済圏」に関する記事を執筆しています!


楽天経済圏
愛用中!
スポンサーリンク

楽天モバイルってなに?

まず楽天モバイルを知らない人向けに概要を紹介。

楽天モバイルとは?

楽天モバイル株式会社が提供する「携帯電話(MNO)事業」のサービスブランド。NTTドコモ・KDDI・Softbankに続く「第4の携帯通信キャリア」として参入した。

2020年4月から正式サービスを開始している。

料金体系

2022年7月1日に新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が開始しました。これに伴い楽天モバイルの代名詞、0円プランが完全廃止となっています。

新プランになれど、楽天モバイルは変わらず1プランのみ。料金変動型で、その月のデータ通信使用量に応じて自動で金額が変わります

データ容量変更の手続きは必要なく、あまり使わなかった月は安く・沢山使いたいときは制限が掛かることなく利用できるのです。

プラン金額データ通信量シチュエーション
980円
(税込1,078円)
0~3GB・普段はWi-Fi下の利用
・メールやWeb検索
・子供との連絡用に
1980円
(税込2,178円)
3~20GB・ミドルユーザー
・通勤中の利用
(音楽や短い動画)
2980円
(税込3,278円)
20GB~
(無制限)
・がっつり動画鑑賞
・リモートワーク
・Wi-Fi代わりに

※1GBでどのぐらい使えるの?ざっくり目安

YouTubeの場合:480p(中画質)で約2時間
LINEの音声通話:約57時間
LINEのビデオ通話:約3時間20分

月額3,278円でデータ容量無制限!

勘違いしがち!そのイメージ古いです

Q
まだ人口カバー率が低いんでしょ?
A

2022年6月時点で楽天回線の人口カバー率は97.6%に到達。

2020年4月に参入したばかりなので既存の3社に比べたら低いのは事実ですが、基地直は随時増設中で2023年中に99%+を目指しています。

Q
iPhoneだと使えないんでしょ?
A

いいえ、使えます。
iPhone本体の販売もしています。

たしかにサービス開始当初は動作保証対象外でした。理由は楽天モバイルがiPhoneの販売自体行っておらず、楽天回線対応製品ではなかったから。

ですが、2021年4月30日にiPhone取り扱いを開始し、現在では「iOS14.4以降を搭載し、キャリア設定アップデートを実施したiPhone」であれば楽天モバイル回線対応機種となっています。

\iPhoneの本体価格は4キャリアで最安!/
Q
大手キャリアと違って店舗ないんでしょう?
A

楽天モバイルは全国に1,000店舗以上展開しており、ショップ内で直接契約やサポートを受けることができます。(2022年3月時点)

独立店舗はもちろんのこと、家電量販店やショッピングモール、中には郵便局など幅広い場所でショップを構えています。

Q
キャリアメールがないんでしょう?
A

いいえ、あります。

2022年7月1日より楽天モバイルのドメイン(@rakumail.jp)で、メールサービスが無料で利用できるようになりました。他キャリア同様、被らなければ好きなアドレスを設定できます。

楽天モバイルの魅力:6つ

❶定額/高速データ通信無制限でコスパ最強

楽天回線の利用であれば、3,278円(税込み)でデータ容量が使い放題

どれだけ利用しようとも定額で高速通信が使えるので、毎月のデータ使用量が多い人にはぴったりのプランでしょう。モバイルルーターがあれば、ポケットWi-Fiとしても活躍できます。

楽天モバイル公式 楽天市場店
¥13,800 (2022/12/03 05:12時点 | 楽天市場調べ)

今や楽天回線のエリアは人口カバー率97.6%に到達しています(2022年6月時点)。使えない所の方が少なくなってきました。

そらえ
そらえ

同じ価格帯の大手3キャリアと比較すると、データ容量無制限は楽天だけ!

目安として楽天回線の通信量が1日10GBを超えると、通信速度を最大3Mbps程度に制限されます。他利用者のサービス品質を保つため、致し方ないことでしょう。

公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。

引用:楽天モバイル 注意事項

このような通信制限は楽天モバイルに限らず、他社でも採用されています。

❷テザリングが無料で使える

実は申し込み不要でテザリングを無料で利用できます。データ容量は契約プランに準ずるので、3,278円(税込み)でデータ容量使い放題となります。

外出先でもスマートフォンを介して、パソコンやゲーム機などのWi-Fi対応機器をインターネットに接続できるのです。

そらえ
そらえ

お使いのスマホでテザリング機能ONにすればいつでも利用可能!

❸専用アプリで国内・海外の通話料無料

Rakuten Link」という※専用通話アプリを利用すれば通話料無料でかけ放題!SMSの送受信も、国内・海外ともに0円なので安心です。

通話アプリと言うと「LINE」の仕様をイメージしがちですが、”友達同士でないと連絡できない”ということはありません。また、相手がアプリを利用している必要もありません。

※ナビダイヤル[0570]や災害伝言ダイアル[171]など一部無料対象外の番号あり。詳しくは「[Rakuten Link] 通話料が発生する電話番号を教えてください」を参照して下さい。

Rakuten Link同士なら、海外⇔日本の国際通話も無料で利用できます。詳しい仕組みは「公式HP – 国際通話」のページをご覧下さい。(海外⇔海外は✕)

長期海外出張、留学、海外移住などの予定がある人は、楽天モバイルの利用はアリでしょう。

そらえ
そらえ

大手3キャリアだとかけ放題はオプションのみ。無料なのは楽天だけ!

※無料には理由がある!後述する「懸念点:❷通話品質に難あり?」で紹介しています。

❹手続きなし!海外でもそのまま使える

海外指定66の国と地域なら手続き不要で使えます。対象国でしかローミング通信できない仕様のため、うっかり高額請求がないのが嬉しいポイント。

データ容量は「パートナー回線エリア(海外)」となるので、海外用に別枠で2GB利用可能。超過後は最大128kbpsの通信制限になるだけで、追加料金発生の心配もありません。

また、「データチャージ:500円/1GB~」サービスがあるのでいざという時にも安心。my楽天モバイルアプリより即時追加できます。

  • my楽天モバイル

海外旅行の悩みの一つ、「現地SIMの手配」や「SIM差し替え」の手間いらず!現地到着直後からインターネットを利用できるは魅力的ですね。

そらえ
そらえ

海外へ行っても手間要らずで使える!

※指定エリアについて

利用可能な国と地域」より最新情報を確認可能。人気の旅行先はほぼ網羅されているよう。

❺楽天ポイントが貯まる・使える

楽天と言えばコレ!「楽天ポイント

楽天モバイル利用料金でポイントを貯めることができますし、利用料金はポイントで支払うこともできます。期間限定ポイントの利用も可能です。

クリックで拡大

いまや楽天ポイントは現金と同じような感覚で利用できます。楽天ペイを利用すれば、全国にある約500万カ所の加盟店でもポイント払いが可能です。

そらえ
そらえ

1ポイント=1円として使える!

❻SPUの倍率アップ:最大+3.5倍

楽天モバイルは「SPU」対象サービス。楽天市場でのポイント還元倍率を最大+3.5倍することができます。(2022年11月時点)

ちなみに最低料金の1,078円(税込)なら、「楽天市場で約36,000円/月」お買い物をすれば実質タダで利用できちゃいます。(※+3倍の計算:ダイヤモンド会員、楽天モバイルキャリア分+0.5倍は含めず)

これらを行えば意外と達成し易いかもしれません。

そらえ
そらえ

楽天市場の買い物がお得になる!

スポンサーリンク

楽天モバイルの懸念点:2つ

懸念点❶プラチナバンドを保有していない

楽天モバイルで一番の問題は「プラチナバンド」でしょう。

携帯電話は「複数の電波」をうまく利用して通信速度と安定性のバランスをとっているのですが、楽天モバイルはその内の1つであるプラチナバンドを保有していません。

プラチナバンドがないということは、電波が遮られやすいということ。『エリア内なのに建物や地下だと繋がり難い』という口コミが多く見られるのはこのせいででしょう。

800MHz前後の周波数帯の俗称。空き領域が非常に少なく、希少価値が高いという意味もあり「プラチナバンド」と呼ばれる。この周波数帯は、特に携帯電話等での利用に適している。

電波の特性

  • 高い周波数(4G、5Gなど)
    一度に送受信できるデータ量が多いが障害物に遮られやすい
  • 低い周波数(プラチナバンド)
    速度は劣るが遠くまで届く。ビルの陰や屋内・地下でも繋がりやすい

このままではサービスの質・競合相手に不利なので、プラチナバンドを再分配するよう総務省と大手3キャリアに交渉を続けています

ちなみに、楽天モバイルは2024年3月からプラチナバンド利用開始を計画・提案中。進捗状況は『楽天モバイル プラチナバンド』や『電波政策懇談会』と検索で確認できます。

懸念点❷通話品質に難あり?

「Rakuten Link」アプリ利用で通話料無料になるのは魅力的ですが、通話品質が宜しくないという口コミが多いのも事実です。

気になる<br>口コミ
気になる
口コミ

・ブツブツ途切れる

・こちらの声が届かない
・声がこもったように感じる

それもそのはず。『通話料無料』実現のため、通常の電話とは別の方法を用いているのです。違いを理解する必要があります。

通常の通話方法
電話回線
通話料金が掛かる。楽天モバイルでもOS標準アプリから発着信で利用可能。
Rakuten Linkの通話方法
データ通信回線
LINEのようなイメージ。仕組みはやや異なり、RCSという技術を用いている。

「Rakuten Link」はインターネットを利用した通話サービス。従来の電話回線を使用せず、パケット通信を用いているので無料通話を実現しています。

となると、通話品質はインターネット状況で左右されます。楽天回線の品質は、上記で紹介した『プラチナバンド』が一因で不安定さがあるので、通話品質にも影響が出ているのでしょう。

現状で通話品質を良くしたいのなら「Wi-Fi接続」するか、「15分(標準)通話かけ放題 ¥1,100円/月」(電話回線)のオプション契約の利用をお勧めします。

そらえ
そらえ

プラチナバンドを取得したら改善する問題が多い!

最後に:総評

楽天モバイルのプランは他社にはないサービスとコスパの良さが魅力的。3,000円台で高速データ通信無制限・通話料無料は破格の金額です。右に並ぶものはいないでしょう。

ですが通信品質が不安定なのは考え物。単体で見ればいくら他サービスが魅力的でも、メインのインターネットが利用できなければ意味がありません。プラチナバンド未所持の影響が非常に大きいですね。

近年では「スマホでキャッシュレス決済・電子チケット」が普及し、インフラとしても欠かせなくなりました。何処に居ても安定したネットが使えないのは非常に不便でしょう。

\私個人の感想/
おすすめ
推奨しない
  • サブ回線としての利用は優秀、アリ
  • 安定したエリアでホームルーター化
  • 楽天モバイル1本での利用

私の生活環境では、基本楽天ペイやPayPayなどのキャッシュレス決済しか利用していません。そんな時にネットが使えないのは非常に困ります。

現状は、「メインの通信は他社回線やWi-Fi」「通話や海外利用は楽天モバイル」といった形で使い分けるのが最適と考えています。

もし他社・楽天共に現状の料金設定のまま、プラチナバンド獲得できたらコスパ最強のキャリアとなりえるでしょう。問題はそれまで楽天側が持つかどうか…今後の動向に注目です。

ポイント還元キャンペーン実施中!

「楽天モバイル」関連記事

◆楽天モバイル向き・不向きな人は?
実際の楽天モバイルユーザーの口コミと合わせて紹介しています。

◇【楽天経済圏】まとめ記事


貯まったポイントは街で使える!

\現金のように使えるポイントが貯まる!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました