お金のこと

【通信費】コスパ最強!『mineo+楽天モバイル』月額1,265円の電話も通信も使い放題にする方法

通信費 見直し コスパ最強 お得 mineo 楽天モバイル お金のこと

こんにちは、そらえです!

皆さん携帯代はいくら払ってますか?

2021年に入り、政府の意向により各社通信料金の見直しが相次ぎました。月に6~8,000円近くといった時代は過去の物で、1,000円台に抑えることも夢ではありません。

各社引き続き新要素を発表しており、とてもリーズナブルな価格で提供されています。

そんな中、mineo(マイネオ)がとても良いサービスを開始しています。このままでも十分お得なんですが、楽天モバイルを併用することでかなりコスパの良い携帯が出来上がります。

固定費が下がれば日々の生活の負担が軽くなるのは間違いありません。1度見直せば毎月の支出を抑えることが出来ます。ぜひ最後までご覧ください。

そらえ
そらえ

上手く利用すれば、月額1,265円で中速使い放題かつ通話料無料にすることが出来ます!

この記事におすすめの人
  • 携帯代を安くして毎月の生活費を抑えたい
  • 乗り換えを検討している
  • 安くしたいけど通信量も欲しい
  • ミドルユーザーである
スポンサーリンク

気になるコスパ最強の中身

まず、これから紹介する中身の概要をお伝えします。mineoと楽天モバイルを併用することで、このような内容で使うことが出来ます。

  • 月額1,265円(税込)
  • サービスの制限なく中速で通信し放題*
  • 高速通信容量2GBあり
  • 通話料無料で通話し放題
  • mineoと楽天モバイルのデュアルSIM

*速度は最大1.5Mbps、3日間で10GB以上利用時は速度制限あり

そらえ
そらえ

デュアルSIMなどが難しいようでしたら、mineoだけでも結構お得に出来ますよ!

※もし妥協して1SIM(mineo)だけで完結させたい場合は、1,683円で通信し放題にすることが可能です。ただし通話料は別途掛かります。

どれほどお得?相場を見てみる

格安プランの性能がどれほどのものなのか。お得さを実感してもらうために、現代の通信業界を大手3キャリアと格安SIMをピックアップして紹介していきます。

大手3キャリア新プランの相場

まずはメジャーな大手3キャリアの新料金プランと比較してみましょう。今の携帯料金の大きな指標になるかと思います。

表示価格は全て税込み表記


ahamo(アハモ)

povo(ポヴォ)

LINEMO(ラインモ)
キャリアdocomoKDDISoftbank
月額料金2,970円2,728円2,728円
高速データ通信量20GB20GB20GB
データ通信量
超過時後の最大速度
1Mbps1Mbps1Mbps
通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒
通話かけ放題
標準搭載
5分以内

+550円
5分以内

+550円
5分以内
そらえ
そらえ

ざっくり『高速通信20GBで3,000円程』というのが現代の相場です!

ひと昔まえに比べたら十分安くなりましたね。とは言え下記のような方がいるのも事実。そんな方は格安SIMを検討していくこととなります。

  • 20GBもいらないからもっと安くしたい
  • 連絡ができればそれでいい
  • 電話は基本受け身である

格安SIMの相場

さて、格安SIMの相場観がどのようなものなのか見ていきましょう。契約数も多い人気のものから3つピックアップしてみました。

表示価格は全て税込み表記

1GB3GB20GB超過時後の
最大速度
通話料かけ放題
プラン

BIGLOBE
1,078円1,320円5,720円0.2Mbps22円
/30秒*

+913円
10分以内

*専用アプリ『BIGLOBEでんわ』利用時は半額

BIGLOBEでは『エンタメフリーオプション』がとても魅力的。特定のサイトに限りますが、月額308円でYouTubeなど21のサービスでデータ通信量をノーカウントにすることが出来ます(3GB~プランから契約可能)(2021年8月現在)。なお、対象サービスは順次追加予定のようです。


表示価格は全て税込み表記

3GB
Sプラン
15GB
Mプラン
25GB
Lプラン
超過時後の
最大速度
通話料かけ放題
プラン

UQモバイル
1,628円2,728円3,828円1Mbps
(Sは0.3Mbps)
22円
/30秒

+770円
10分以内

UQモバイルはauのサブブランド。格安SIMの中でも通信品質に定評があり、不安定になりやすい時間帯でも安定して動作します。ただし、au回線しか取り扱ってない点は注意。


表示価格は全て税込み表記

3GB
Sプラン
15GB
Mプラン
25GB
Lプラン
超過時後の
最大速度
通話料かけ放題
プラン

Y!mobile
2,178円3,278円4,158円1Mbps
(Sは0.3Mbps)
22円
/30秒

+770円
10分以内

Y!mobileはSoftbankの直営会社。最近ではPayPay経済圏としても注目されています。一見すると金額が高めでですが、『Yahoo!プレミアム会員費(月額508円)無料』『留守番電話が無料』とその他が充実しています。

格安SIMの場合、同グループの光回線や電気料金の契約をしていると割引があり、表の料金より更にお得にすることが出来ます。

例えば!BIGLOBEモバイルの場合

ビックローブ光の加入・家族割を適用
初年度550円、2年目以降1,100円に!

賢く契約すればかなりリーズナブルな価格にすることが出来るのです。

そらえ
そらえ

ざっくり『高速通信3GBで1,000円前後、通話料は別』というのが現代の相場です!

相場のまとめ

今回紹介する格安プラン・3大キャリア・格安SIMの3つをまとめて比較してみました。

mineo
楽天モバイル
3大キャリア格安SIM
月額料金1,625円3,000円前後1,000円前後
高速データ通信量mineo:1GB
楽天:1GB
20GB3GB
データ通信量
超過時後の最大速度
mineo:0.2Mbps
楽天:1Mbps
1Mbps0.2~0.3
Mbps
通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒
通話かけ放題専用アプリ利用で
無制限(楽天)
基本or有料オプション
1回5分制限
有料オプション
1回10分制限
備考最大1.5Mbpsで
ネット使い放題
そらえ
そらえ

こう見るとお得さが歴然!まさに痒いところに手が届く性能と料金設定です。

スポンサーリンク

併用プランの中身を紐解く

格安プランは、楽天モバイルとmineoの2つを併用することで実現できます。主な役割は以下の通りです。

楽天モバイル
mineo
  • 通話音声SIM
    →電話番号取得
  • 専用アプリの利用で通話し放題&通話料無料に
  • 0円
  • データ通信SIM
  • オプションに加入して通信し放題に
  • 880円+オプション385円

順番に紹介していきます。

楽天モバイル

楽天モバイルでは、データ使用量によって金額が変動するプランです。多いければ多いほど金額が上がっていき、最終的には定額になります。種類はこのワンプランのみしかありません。

画像を見ての通り、データ通信を1GB未満に抑えることが出来れば0円にすることが可能です。

楽天モバイル 料金プラン
出典:楽天モバイル

また通話についてですが、専用アプリRakuten Linkの利用で通話料無料でかけ放題に出来ます。

なおLINEやSkypeなどと違い、知り合いでなくても通話することが可能です。もちろん相手がアプリを使ってなくても問題ありません。

出典:楽天モバイル

例えばですが、このような方は0円で携帯を持つことが可能なのです。

  • 普段Wi-Fi下でしか使用しない
  • 電話とメールさえできれば良い
  • 小さな子供や高齢の両親との連絡用に

▼楽天モバイルのことをもっと知りたい方はこちらで詳しく紹介しています。合わせてご覧ください、

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)では、容量やSIMの種類などを選んで契約するタイプです。天井を決めているので、楽天と違って料金が変動することはありません。

また特長として、マルチキャリア対応です。docomo・au・Softbankの回線を用意しているため、ユーザーを選びません。SIMロック解除無しで、SIMカードを差し替えるだけで利用できます。

さて、気になるのは料金。どんな感じか見ていきましょう。

表示価格は全て税込み表記

SIMの種類シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
1GB880円1,298円
5GB1,265円1,518円
10GB1,705円1,958円
20GB1,925円2,178円
5G通信
オプション
220円220円
データ通信量
超過時後の最大速度
0.2Mbps0.2Mbps
通話料22円/30秒*
かけ放題
+935円
10分以内

*専用アプリ『mineoでんわ』利用で10円/30秒

金額自体は他の格安SIMと比べてもあまり大差のない設定です。

今回の格安仕様では『データ通信SIM/1GBで880円』を利用し、更に最強のオプション『パケット放題 Plus』を追加するのです。

オプション:パケット放題 Plusとは

2021年6月から提供された新オプション。月額385円で中速度(最大1.5Mbps)で通信し放題にできるサービスです。(10GB・20GBプランは無料)

このオプションのすごい所は対象サービスに制限がない事です。先程紹介したBIGLOBEで同じようなオプションがありましたが、21のサービスに限定されていました。

YouTubeやAmazon Prime Videoなどの動画配信サービスはもちろん、LINEやDiscordなどで長時間の通話や、Apple musicのような音楽配信サービスなど、全て通信量をノーカウントに出来るのです。(3日間で10GBと制限はあり)

また、気になる速度ですが最大1.5Mbpsとあります。この数値はデータ通信使い放題で人気の楽天モバイル(最大1Mbps)の1.5倍の速度です!

\パケット放題 Plusのまとめ/

良い所
注意点
  • 月額385円
  • サービスの制限なし
  • 通信速度は最大1.5Mbps
  • 3日間で10GBの実質制限あり(超過後は0.2Mbps)

mineo(マイネオ)

やっぱり気になる制限の存在

金額が安い分、何かと制限があるのは致し方ないもの。制限と言えどどのくらいの物なのでしょうか。具体例を挙げながら解説していきます。

3日間で10GB

利用制限と言えばかかったら最後、使い物にならないイメージがありますね。mineoでは最大0.2Mbpsに制限されてしまいます。この速度は、正直イライラするものかと思います。

では10GBでどのくらい使えるのでしょうか?切り良く1GBという単位で見ていきましょう。

1GB
メールの送受信
(1通500KBの場合)
約2,090通
無料通話
(LINEの場合)
約55時間
ニュースサイト閲覧
(1ページ300KBの場合)
約3,490ページ
動画閲覧
(YouTubeの場合)
標準画質で約2時間
音楽ストリーミング再生約11時間
音楽のダウンロード
(1曲4分の場合)
約250曲
Twitter
タイムライン閲覧
約4時間

10GBを使い切るには、WEBサイト3万ページ・動画閲覧20時間くらいの利用が必要です。ミドルユーザーで、ここまで使う方は中々いないでしょうか。

3日間10GB制限で1日に出来ること

・LINEの無料通話
約183時間→24時間繋ぎっぱなしOK

・WEBページ閲覧
約1万ページ

・YouTubeで動画閲覧(標準画質)
約6時間半→1日の1/4費やせ往復の通勤OK

そらえ
そらえ

こう見ると、意外と色々出来そうだなと感じます!

最大速度1.5Mbps

通信容量もさることながら、一番気になるのは通信速度。実態を知るために、mineoが行ったユーザーアンケートの結果を見てみましょう。

出典:mineo

実に9割以上は日常使いでは十分と感じていることが分かります。

次に、利用サービス別の使い心地についても見ていきましょう。

出典:mineo

ほとんどのサービスでも利用できる速度なんだなということが伺えます。利用できないと感じた人はわずか数%程でした。

1.5Mbpsは楽天モバイルの1.5倍!

楽天モバイルが新料金プラン、『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』を発表したときは多くの人が衝撃を受けたことと思います。その理由の一つに、低速モードでも通信速度が最大1Mbpsであることが挙げられます。

低速モードと言えば、0.2~0.3Mbpsに制限される会社がほとんどでした。ですが楽天モバイルの場合、最大1Mbpsですからさほど支障が出ず使い勝手が良かったのです。

よって、そこまで使えるし安くできるならいいじゃないか!と人気が出たのです。

さて、mineoの使い放題の通信速度は1.5Mbpsです。楽天モバイルの1.5倍の速度ですから、十分使えるであろうと推測もできそうです。

スポンサーリンク

メリット・デメリット

メリット

中速でネット使い放題

通信速度は最大1.5Mbpsで、日常使いでは十分な速度で利用できます。3日間で10GBという制限はありますが、ミドルユーザーはそこまで問題にならないでしょう。

安定した通信回線

格安SIMは3大キャリアの通信網を借りています。よって繋がらない!という心配はありません。楽天モバイルは通信品質が難ありと感じている口コミが多く、乗り換えに迷う人が多いのも事実です。今回プランはその点をカバーできるのも最大のポイントです。

▼どうして難あり?楽天モバイルの通信品質の事情
関連記事:【楽天モバイル】特徴4つとデメリットを2つ紹介。乗り換え検討の余地あり!/楽天モバイルの通信事情

テザリング可能

最近ではどの通信会社もテザリングが利用できますが、mineoも無料で利用可能です。とは言え、テザリングは通常の通信より容量が掛かるのでほどほどの利用に留めておきましょう。

無料で通話し放題

楽天モバイルの『Rakuten Linkアプリ』を利用すれば、回数・時間制限なく国内通話を無料にすることが出来ます。

楽天SPU+1倍

楽天モバイルを契約していると、楽天SPUを+1倍にすることが出来ます。楽天市場でのお買い物で、ポイント還元を1%増やすことが出来るのです。

楽天経済圏をうまく活用すれば、ポイントが沢山貰えます。ポイントも立派な資産です。今じゃ楽天ポイントは現金のようにどこでも使えますから、個人的には超メリットです。

コスパが良い(安い!)

これほどの性能を持ち合わせていながら、月額はなんと1,265円。改悪がないか心配です…。

デメリット

2枚のSIM契約=めんどくさい

この格安プランは楽天モバイルとmineoの2社で契約が必要です。単純に2倍の労力が必要になります。ただでさえ格安SIMって?という人もいますから、これだけでハードルが高く感じる人がいるのも事実でしょう。

とはいえ、どちらもネットで完結出来ます。店舗に赴く必要はありませんので、いつでも契約することが可能です。

2枚のSIM=デュアルSIM端末が必要

電話は楽天モバイル、データ通信はmineoと使い分ける必要があります。

よって、基本的にはスマホ1台で2枚のSIMを同時に使える『デュアルSIM端末』であることが条件です。手持ちの携帯で気軽に乗り換えられる訳ではないのがネックですね。

ちなみに、楽天モバイルはeSIM対応になったので端末次第では物理的なSIMカード無しにすることが可能です。よってデュアルSIM対応端末でないと使えないという訳ではありません

デュアルSIMもeSIMも無理!という人は、最悪古いスマホを利用して2台持ちで使うことも出来ます。

デュアルSIMについては後ほど補足して紹介しています。

キャリアメールがない

一応2021年内に楽天モバイルでは提供予定とのことですが、現状キャリアメールはありません。このことが嫌だという人が一定数います。

現代ではGメールのような有能なフリーアドレスが沢山あり、正直キャリアメールが無くても不便になりません。ひと昔前のキャリアメールでないと登録できないサイトはほぼないでしょう。よってそこまでデメリット感じないという人も多いかと思います。

あるツイートが印象的だったので紹介します。結果的に相談者は、キャリアメールだけのために毎月+6,000円もの金額を余分に払っていくそうです。

通話品質は気になる

楽天モバイルの通話品質は、ブツブツ途切れる・声がこもったように感じると言った声があるのも事実です。もし仕事などで電話をよく利用するという方にはあまりおすすめ出来ないでしょう。

普段から電話は受け手、通話にはLINEなどのアプリを利用している方には問題ありません。

▼なぜ通話品質が悪いのかはこちらで紹介
関連記事:【楽天モバイル】特徴4つとデメリットを2つ紹介。乗り換え検討の余地あり!/楽天モバイルの通信事情

実店舗数は多くない

格安SIMすべてに言えることですが、実店舗の数は少ないです。ahamoなどの新プランの類もそうですが、全てネットで完結させています。だからこそ低価格で提供されているのです。

もし店頭でサポートを受けれないと困るという方は、3大キャリアをお勧めします。

補足:デュアルSIMとは

先程触れた通り、スマホ1台でSIMカードを2枚使える端末のことを指します。このことから、2台持ちする必要が無くなったり格安SIMを組み合わせて通信費を安く抑えたりすることが出来ます。

2台持ちをしていると、持ち物が増える・充電するものが増えるなど、正直めんどくさいと感じる方は多いのではないでしょうか。この不便を解決してくれるのがデュエルSIMです。

かくいう私も2台持ち歴が長いですが、特に旅行の際などが不便に感じていました。充電するものが多いのです。当時はスマホ2台、モバイルWi-Fi、デジカメなどなどコンセントが足りずひーひーしていました(汗)

そらえ
そらえ

デュアルSIMであればこれらの問題も解決してくれます!

ちなみに、デュアルSIM端末にはこのようなものがあります。中でも人気の端末を紹介しています。

created by Rinker
¥43,800 (2021/10/19 10:17:32時点 楽天市場調べ-詳細)

さいごに

スマホは毎日使うけど、ネットサーフィンやSNS、たまに動画閲覧やゲームアプリが使えればいいや。こんな人におすすめのプランでした。

格安SIMは大手3キャリアのような『2年縛り』といった縛りが無いのが特徴です。もし仮に思っていたのと違う・合わないとなった場合、いつでも解約し別プランに移行することができます。もちろん、楽天モバイル・mineoの解約手数料は無料です。

気を付けたいのは、出来るだけ安くしたいと思うのは良い事ですが、値段が高ければ品質が向上していくのも自然の摂理です。

携帯電話は現代になくてはならないライフラインになりました。もしあなたにとって、通信費は必要な消費・生活を豊かにするもの!ということであれば、ケチらず迷わず3大キャリアを選んでください。

何事もそうですが、置かれた環境に応じて最適解は変わります。自分が納得していて、それでないといけない理由があることが大事かなと思います。

もしこの記事を見て興味を持った方は、是非リンクから公式サイトを覗いてみてください!

今回の格安プランに

向いている人
向かない人
  • ミドルユーザー
  • 通話料や通信量を気にしたくない
  • 通信費を安くしたい
  • 手間暇かけれる人
  • ライトユーザー
  • ヘビーユーザー
  • 品質、回線速度重視
  • めんどくさがりな人
  • 店頭サポートがないと困る人
  • デュアルSIMや2台持ちがネックになる人

固定費の削減は、お金を増やすためにもかなり重要です。1年という期間で見ても、2万~8万円浮かすことが出来ます

格安プラン3大キャリア
格安プラン
従来の
3大キャリア
1ヶ月1,000円台3,000円6,000円
~8,000円
1年1.2万円程3.6万円7.2万円
~9.6万円
10年12万円程36万円72万円
~96万円
10年後
の差額
24万円60万円
~84万円

mineoでは、期間限定でキャンペーン実施中!8/31までとなっていますので、検討している方はお早めに!
mineo(マイネオ)公式サイトを見てみる!

\最大3ヶ月間 パケット放題 Plus が無料!/
mineo(マイネオ)

楽天モバイルでは、乗り換えでポイントが貰えたり、対象端末が実質1円にできたりなど魅力的なキャンペーン実施中です!
楽天モバイル公式サイトを見てみる!

\他社乗り換えで2万円相分のポイントが貰える!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました